ダンボールイラストギャラリー

 

色の温度を感じる、温かい段ボールの世界へ。

 

作家/こばやし まさと  横浜生まれ。サン・エムデザインオフィス主宰。イラストレーター・クリエイティブディレクター。大手自動車メーカー、通信会社、音楽アーティスト等の広告クリエイティブ・デザインを手がけてきた。事業用のゴミとして毎日のように発生する段ボール。再生紙とはいえ、もう一度再生できないだろうか、と、ふと思う。その昔、月末、親がめくるのを心待ちにしていた大きなキャンバス・・・それは、カレンダーの裏紙に思い切り絵を描いた幼少の頃の記憶と重なって・・・。素材・質によって千差万別な“顔”を見せる段ボールの面白さに着目、近年「段ボールを使ったイラスト」をはじめる。いわば再々生紙のキャンバスとして甦る段ボールの“空間”に在るのは、温かい色温度とどこか懐かしい匂い。やさしい動物たちの世界が広がります。